第9回ヤマトタケルの足跡 焼津神社

伊勢神宮から東に向かったヤマトタケルは、相模の国で国造による火攻めにあいますが、逆に草薙の剣と火打石で返り討ちにします。そこでこの地を焼津というようになったのですが、問題となるのは焼津が相模国ではないことです。この当時は、焼津も相模国だったという考え方もありますが、走水でオトタチバナヒメが、相模の小野に燃ゆる火の、と読んだうたから、焼津が小野という地であり、神奈川県厚木市の小野ではないかという考えもあります。