墓地について

墓地分譲

私たちは、社会の中でいろいろな人とつながりを持っています。それを縁というなら、過去のご先祖とつながっているのも縁ですし、子や孫を通して未来とつながっているのも、縁と言えるでしょう。
その過去と現在がつながる場所、それがお墓です。

お釈迦様は、入滅後にお墓を造ることを弟子に禁じました。しかし、弟子たちはお釈迦様の入滅後、荼毘に付されたお釈迦さまのご焼骨を分け、各地にお釈迦様のお墓を造りました。これは、お釈迦様の教えに反することですが、それが私たち煩悩を持つ人間性だとも言えるでしょう。
仏教徒がお釈迦様のお墓を通してつながってきたように、私たちもお墓を通してご先祖とつながりあうことができるのです。
そして、子や孫とお墓参りをすることで、未来の子孫ともつながっていくのです。

筑波山の見える広々とした場所で、墓地を分譲しています

筑波山の見える広々とした場所で、墓地を分譲しています

ご家族のお墓をもとめたい方
すでに仏様(お骨)をご自宅で安置されている方

  • ・約400年の歴史をもつ寺院墓地です。
  • ・広い駐車場があります。
  • ・石材店の指定がありませんので、建墓の時期は自由です。
  • ・高台の平坦な場所(すべて南向き)で、境内に隣接しています。
  • ・護持会費 3,000円〜7,000円
    (戒名により異なります。仏様のない方は3,000円)

墓地の内容

家族墓地

家族墓地

区画面積 1.8m×2.4m
区画数 120区画
永代使用料 36万円(入檀料含む)
夫婦墓地

夫婦墓地

区画面積 1.0m×1.0m
区画数 20区画
永代使用料 15万円(入檀料含む)

ペット墓地

ペット墓地

現代の犬や猫などは、動物の域をこえ、今では家族同様の存在と言ってもよいかもしれません。ペットレス症候群と言われるように、家族同様に過ごしてきたペットの死は、家族に大きな悲しみをもたらします。

愛する家族の最後の場として、ペット墓地「慈愛」を造営しました。土に還るという意味から、当墓地では焼骨にしてからの土葬となります。

供養料  1万円(塔婆料含む)

ペットの火葬について

昔は動物の埋葬も土葬が中心でしたが、現在は衛生上、土葬ができなくなりました。
埋葬を希望される方は、焼骨にしてから埋葬することになります。
なお、火葬を希望される方は、専門の業者をご案内しますので、気軽にご相談ください。